歴史文化ウオッチング
「泉南再発見・歩く講座」

文化と国際事業部
泉南案内人の会・企画運営


 
 


【日時】 平成29年3月12日(日) 晴
【場所】 新家山田家住宅~海会寺跡~埋蔵文化財センター

 
 

 20170312

 

新家・山田家住宅に集合して、初代山田新五郎以降代々の当主の事績を題材にした紙芝居(新作初演)を上演。
その後、ご当主・山田洋二氏および夫人のご案内で邸内の調度品などについて解説していただき、甘酒の振る舞いもいただきました。
その後、同家から徒歩で樫井古戦場に進み、当地において概要を案内。
続いて徒歩で海会寺跡に到着して史跡を案内し、地下地盤等も見学しました。
昼食後、埋蔵文化財センターにおいて河田氏からレクチャーを受けたのち、阪南大学国際観光学部・和泉大樹准教授に「泉南市の石造物と歴史文化」と題して講演いただきました。
五輪塔をはじめとした石造物の概論から始まり、泉南市に現存する石造物について、参加者一同その意義を再認識されました。
講演後、展示室において河田氏により展示内容の解説を受けました。

20170312写真

■所要時間
/約5時間(開始から解散までの時間)・距離約3,0km
応募参加者22名全員完歩でした。

■集合
/解散:新家山田家住宅9:30/埋蔵文化財センター14:30

■コース:
新家山田家住宅~樫井古戦場~海会寺跡~埋蔵文化財センター

■参加費:
¥300-/人(資料代、傷害保険代)当日受付時受領

■参加者:
応募参加者22名(傷害保険対象者)/スタッフ12名の合計36名

■応募参加者特徴:
男性14名・女性8名 (市職員2名含む↑)

■市職員2名の派遣及び車輛1台を応援頂きました。

※本事業を以って平成28年度のABC委員会主催事業は終了しました。


 



 


 
 

 

     

Copyright © 2016 .ABC-IINKAI all rights reserved